シャンパン・スーパーノヴァ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンパン・スーパーノヴァ

「あのアーティストが好きなら、きっとこのアーティストも気に入るはず!」そんな情報を筆者の独断と偏見でご紹介!まさに“痒い所に手が届く”ブログです。

【秋元梢】「アナザースカイ」で流れたアノ曲は?【2017年4月28日放送】

 

“ 黒髪ロングに前髪ぱっつん”の代表格!

 

世界で活躍するトップモデル!

 

そして

横綱千代の富士の次女としても知られる

 

秋元梢(29歳)のアナザースカイ

inフランス・パリ

 

http://www.ntv.co.jp/anothersky/contents/images/439_1.jpg

 ※画像は公式HPより

 

【今週の"アノ曲"一覧】

 

 

 "海外にある、第2の故郷"

あなたのアナザースカイはどこですか?

 

 

「今日のために

(前髪を)パツーンしてきました」

 

ファッションモデル

秋元梢(あきもと・こずえ・29歳)

東京都出身。

 

2009年のデビュー以来、

数々のファッション誌で活躍。

活動の場は日本だけに留まらず、

海外の雑誌やショーにも出演しています。

 

 

「かっこいい」

「クール」

「怖い」

いずれもMCの中条あやみが持つ、

秋元梢に対するイメージだそうです(笑)

 

 

挿入歌①"Be Mine"  Ofenbach(オフェンバック)

www.youtube.com

 

世界最高峰のファッションの祭典

『パリ・コレクション』

 

開催期間中、

パリ市内には世界中から

ファッション業界の住人たちが集います!

 

その場所に、

4年前から毎年『パリ・コレ』を訪れているといいます。

 

しかし!

彼女がいたのは、なんと

ランウェイではなく客席!!

 

なぜ、

観客として訪れ続けているのでしょうか。

 

 

「単純に服が好き」

「集まっている人たちがファッション界の一流の人たちだから、

 そういう人に逢ったり喋ったり、

 作ったものを生で見られるということは、

 モデルの仕事をする上ですごく特別な時間」

 

毎回10日間程度開かれるという『パリ・コレ』。

秋元さんはその間の仕事を休み、

自腹をはたいてパリを訪れるそうです。

 

飛行機代は15万円

ホテル代は20〜30万円

これに諸経費をかけると…

なかなか高額ですね! 

 

「Chloé(クロエ)のショーを観に行きます」

滞在10日間で15ものショーを回るそうです。 

 

 ※画像をクリックするとAmazonの購入ページに移動します。

筆者は男ですがクロエの香水のかおりが大好き!

バニラっぽいというべきか…。

ちなみに2月に新作が出たそうです!

 

 

挿入歌②"Call On Me"  Starley(スターリー)

www.youtube.com

 

ショー終了後、

秋元さんの周りに

パパラッチが群がってきました!

こぞって写真撮影。

これもまた『パリ・コレ』の風物詩です。

 

このまま次のショーに

向かうのかと思いきや…

一度ホテルに戻ります!

 

なんと

別の衣装に着替えて登場しました!

さすがですね!

 

お次は、

ANN DEMEULEMEESTER

(アン•ドゥムルメステール)』

 

実は『パリ•コレ』のショーは

招待状がないと観ることができません。

メゾン(ブランド)に認められた関係者だけに

招待状が送られます。

 

「席数も限られてくる。

 “日本人には4席しかありません”とか。

 その中に誰が入るか」 

 

つまり、秋元さんにとっては、

招待状を手に入れることからのスタートだったわけです。

 

挿入歌③"Something Just Like This"  The Chainsmokers & Coldplay(チェインスモーカーズ&コールドプレイ)

www.youtube.com

 

パリコレに足を運ぶようになって4年

なぜ、

名だたるメゾンの

信用を勝ち取ることができたのか

 

答えは……

ファッショニスタとして

高く評価されたから

 

「席をいただくお礼じゃないけど、

 私がそのブランドの衣装を着てショーに行く」

「私が発信したり

 撮ってくれた人が発信したことによって、

 ブランドの名前が広がったりする」

「自分も紹介できるしブランドも紹介できる。

 ショーに行くときは必ずブランドの服を着て行って

 たくさんの人に撮ってもらうのが目的」

 

ファッション性が高いほど

写真はSNSで世界中に拡散されます。

 

メゾンに大きな影響を与え、

自分自身のアピールにもなる。

今や20通以上の招待状

届くまでになっているそうです。

 

こうして

Instagramのフォロワー数が

1日に1万人以上増えることもあるんだとか。

 

 

挿入歌④"Hear Me Now"  Alok, Bruno Martini feat. Zeeba

www.youtube.com

 

撮影2日目。ランチへ…

 

彼女をもてなす為にレストランを予約していた人物。

それは同じく招待されて『パリ•コレ』を観に来ていた

番組MCの中条あやみさん!!

 

秋元さんの“肉好き”を聞きつけて、

ブラジル流ポルトガル料理の店を選んだそうです。

ほっぺたが落ちてしまいそうなくらい美味しそうなお肉でした!

 

中条「(食事で)気をつけていることは?」

秋元「お肉食べて、運動。」

  「食べたいから運動する。

   いつ死ぬかもわからないし、

   もしかしたらこの食事が最後かもしれないから、

   その場は楽しむ。後で頑張る」

 

冒頭でも発言がありましたが、

ここでも…

中条「怖い」

なぜだか知りませんが

秋元さんに相当怯えているようです笑

 

『アン•ドゥムルメステール』

のショー終了後…。

 

ケータイを取り出して…

配車アプリ『UBER(ウーバー)』を使って

車を手配。

次の会場に向かう前に

再びホテルへと向かいます。

ここでも目的は、

もちろん衣装チェンジ!

 

挿入歌⑤"Un Déluge"  Bertrand Belin(ベルトラン・ベリン)

www.youtube.com

 

ホテルのフロントには

後日着る衣装がメゾンから届いていました!

 

「これはルイ・ヴィトン

ヨウジヤマモトの衣装ですね。

 これ届くのすごい幸せ!

 

このシーン、

めちゃくちゃかっこいいです!!!

  

さらに!

特別にホテルの部屋を見せてくれました!

 

中は文字通り、衣装だらけ!

「私服は掛けると入らなくなるので、

 衣装だけにしています」

 

挿入歌⑥"Danse"  TAL feat. FLO RIDA(タル feat. フロー・ライダー)  

www.youtube.com

 

この日3度目の衣装替え。

 

実はマネジャーはもちろん、

メークやスタイリストを同行させず

全て1人で準備しているんですって!

 

あくまでプライベートとはいえ、

ものすごく大変そうです…!

 

 

ショーごとに必ず衣装を着替えることで、

日本人モデルとして類のないポジション

築いくことができたといいます!

 

今では

デザイナーと挨拶を交わすほど

メゾンから認められるまでになりました!

 

「プライベートでは着られないような

 すごい洋服たちもパリコレの期間中だったら、

 着てても許される。

 雑誌だと“撮影”になってしまうので、

 “自分”というよりも“作品”になってしまうから、

 その服たちをいかに自分のパーソナルに落とし込んで、

 “自分が着ているんですよ”っていうのを表現できるのは、

 『パリ•コレ』にしかないことだと思っているので楽しい』

『ショーに行く前に支度しながら

 “私今からこの服着ていくんだ”っていうウキウキ感だったり、

 “この服を着てこのショーに行ってどんな世界が待っているんだろう”

 っていうのがたまらなくワクワクします!」

 

 

 

モデルデビューは今から8年前。

“表舞台に出るべきか”

悩んでいたそうです。

 

高校生の時にヘアモデルに挑戦した秋元さん。

それがきっかけで

モデルのオファーが来たといいます。

しかし父は

昭和の大横綱千代の富士

 

「売れなかったら、

 父の名前を汚してしまうんじゃないか

 と考えた」

 

葛藤する中、 

やっとの思いで父に相談。すると…

 

「今やらなくて年を取ってからやりたいと思っても遅い。

  とりあえずやってみて

  合う合わないかはそのときに考えればいいんじゃないか」

 

背中を押され、

2009年モデルの道へ。

ところが世間の目は父に向けられていました…

 

「娘だと大々的に出たときに

 すごく虚しくなった」

「自分の価値って

 それだけなのかなって」

 

モデルになっても

周囲は千代の富士の娘としか

見てくれませんでした。

 1、2年は仕事もなかったそうです。

 

周囲からは

「髪染めたら?」「パーマかけたら?」

と、アドバイスの声。

 

しかし秋元さんは…

「私じゃなきゃ出来ない仕事をしたい」

 

挿入歌⑦"Piece of My Heart"  Big Brother & The Holding Company

www.youtube.com

 

自分らしさを捨ててしまったら、

それはもう秋元梢じゃない…

 

10代からのトレードマークの髪型は

一度も変えることはありませんでした。

 

「負けず嫌いだったり

 頑固だったり

 気の強さは父譲りなのかなと思います」

 

モデルとして確固たるポジションを築きたい…

 

2013年。

そんな思いを胸に

1人パリへ旅立ちました。

 

『パリ•コレ』をきっかけに、

モデルとして花を咲かせた秋元さん。

 

毎年ファッション関係者に逢い、

人脈を広げてきました。

 

そしてある日、

そこで知り合った大物デザイナーから

大きなオファーが…。

 

元『GIVENCHY(ジバンシー)』のデザイナー

リカルド・ティッシ氏

 

「ブランド就任10周年で『VOGUE JAPAN』の表紙をやると

 そこで話が来て。"いいの?"みたいな。

 奇跡みたいな時間ですよね。

 『VOGUE』の表紙を日本人がやったのは指で数えるほど」

 

2015年10月。

秋元さんは

『OLYMPIA LE-TAN』のショーで

夢にまで見た『パリ•コレ』デビューを果たしました!

 

今年1月には

ミラノ•コレクション』で

メンズブランドのランウェーにも登場!!

 

さらに今回のパリ滞在中も

『VOGUE TAIWAN』の

撮影隊を引き連れていました!

 

 

 

秋元梢の表現力にいち早く気づいたのは…

海外のアーティストたちでした。

 

写真家 レスキー・リー

「ダントツ!

 こずえちゃんは写真がよくわかってる。

 短時間で最高の表情を作ってくれる」

 

自らの可能性を信じ、

行動を起こし、

海外で活躍するチャンスを手に入れました…

 

「日本にいたら何をしててもお父さんのことがあったり。

 パリに来たら何も関係なくて、

 単純にただのアジア人が来たみたいな。

 そこで“あの子なんか面白くない?何あのメーク?

 何あのファッション?何あのアクセサリー?あの子誰なんだ?”

 って言ってくれて。初めて自分だけを見てくれた気がした。

 それが嬉しかったし気持ちよかった」

 

天国の父に、そして世間に。

今なら胸を張って言える

“私は秋元梢、職業・モデル”

 

挿入歌⑧"Tu le sais"  Vianney(ヴィアネイ)

Idees Blanches

Idees Blanches

 

  ※画像をクリックするとAmazonの購入ページに移動します。

 

うって変わって…

ショーの合間に訪れた雑貨店。

どうやらお気に入りの店らしい。

 

「家にはこれの色違いが3個と、

 このラビットファーちゃんが1個ある」

「悩む……!!!」

大好きなクッションを前に

テンションが上がります!!!

 

結局、

クッション3個とマットをお買い上げです!

676ユーロ(約8万2000円)

 

 夜。

友人と女子会が始まりました。

 

質問:秋元梢ってどんな人?

 

「家庭的」「お母さん」「ギャップがすごい」

「一汁三菜ならぬ一汁五菜、六出てくるような料理をパパッと作ってくれる」

意外な一面です!

 

さらに…

「“明日仕事何時から?”って聞かれて“9時”って答えると、じゃあ8時まで飲めるねって言う」

大のお酒好き!!!!

夜の9時から飲み始めて

家に辿り着いたのが翌日の夜6時だったこともあるとか…。

 

もう酒豪レベル笑

 

 

 

 

そして番組はエンディングへ

 

秋元梢にとって、

パリはどんな場所なのか…

 

「挑戦し続けて闘う場所」

 

 

秋元さんにとっての“土俵”。ということでしょうか。

番組を見るまで筆者は秋元梢さんのことをほとんど知りませんでした。

千代の富士すら知らないレベル…。

この放送を見て、

彼女の気の強さ、クールさ、

そして怖さを感じた気がしました(笑・汗)

しかも

話を聞いてると、僕のお気に入りの映画

プラダを着た悪魔』の主人公とすごくカブるんですよね。

 また観返したい衝動が…(笑)

 ※画像をクリックするとAmazonの購入ページに移動します。  

 

次回は5月5日(金)

モデルで女優の

山本美月さんのアナザースカイ。

ドイツ・ロマンティック街道編です!!

http://www.ntv.co.jp/anothersky/images/next_guest_170428_n.jpg

 ※画像は公式HPより

 

 

【関連情報】

パリでの話も出てくる “秋元本”(2013年発売)

秋元 梢

秋元 梢

 

 ※画像をクリックするとAmazonの購入ページに移動します。