読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンパン・スーパーノヴァ

「あのアーティストが好きなら、きっとこのアーティストも気に入るはず!」そんな情報を筆者の独断と偏見でご紹介!まさに“痒い所に手が届く”ブログです。

Justiceファンに捧ぐ、おすすめアーティスト3選

洋楽<バンド> EDM

【目次】

 

Justice(ジャスティス)とは?

フランスを代表するエレクトロニック・ミュージック・デュオ。2007年1stアルバム「†(クロス)」が大ヒットを記録し、世界のダンスミュージックシーンを牽引するも、その後の作品はパッとしない(正直)。ミュージックビデオやドキュメンタリービデオ(ライブアルバム「A Cross the Universe」収録)などの映像作品は中毒性が高い。代表曲の「D.A.N.C.E.」はマイケル・ジャクソンへのトリビュート・ソングとして知られている。

 

これぞ王道!Justiceの代表曲

D.A.N.C.E.」(1st(クロス)」より)

www.youtube.com

 

DVNO」(1st(クロス)」より)

www.youtube.com

 

「Phantom part II」(1st(クロス)」より)

www.youtube.com

 

Justiceのアルバム

1st「†(クロス)」(2007年)➡︎最初に聞くならコレ!

†

 

2nd「AUDIO, VIDEO, DISCO」(2011年)

3rd「Woman」(2016年)

 

ライブアルバム

「A Cross the Universe」(2008年)

「Acess All Arenas」(2013年)

 

Justiceファンに捧ぐ、おすすめアーティスト3選

 Daft Punk(ダフト・パンク)

1994年にデビューしたフランスのエレクトロ・デュオ。常にロボコップのようなヘルメットを被っている。昨今人気を博しているEDMのDJの全員がDaft Punkから少なからず影響を受けているのではないでしょうか。2014年には第56回グラミー賞で主要2冠含む最多5部門を受賞。これまでに4枚のスタジオアルバムを発売している。代表曲はCMでもおなじみ「One More Time」(2nd「Discovery」より)などがある。

www.youtube.com

 

CAPSULE(カプセル)

1997年に日本で結成。Perfumeきゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、国内外で活躍する中田ヤスタカと、こしじまとしこのユニット。これまでに15枚のオリジナルアルバムを手掛けている。代表曲は「Starry Sky」(8th「Sugarless GiRL」より)や「more more more」(10th「MORE! MORE! MORE!」より)

www.youtube.com

 

Pendulum(ペンジュラム)

2008年にメジャーデビューを果たしたオーストラリアのドラムンベース・バンド。音楽性については「Prodigy + Linkin Park」と称されることもあり、エレクトロだけでなくロックのファンにも人気がある。これまでに3枚のアルバムをリリース。代表曲「Granite」(1st「In Silico」より)は、聴けば一発でテンション爆上げしてくれます(筆者経験)。

www.youtube.com