シャンパン・スーパーノヴァ

Champagne Supernova

主にテレビや映画で流れる洋楽についてイチ早く紹介しています!

The Beatlesファンに捧ぐ、おすすめアーティスト3選

 【目次】

The Beatlesザ・ビートルズ)とは?

イギリスのロックバンド。 “最も成功したグループアーティスト”としてギネス記録に認定されている。メンバーはジョン・レノンポール・マッカートニージョージ・ハリスンリンゴ・スターの4人。

 

1962年にデビュー。それぞれの曲のリードボーカルは作詞作曲を行ったメンバーが担当していることが多い。ライブ中心の活動を勢力的に続け、世界中でビートルズ旋風を巻き起こした。1966年、ジョン・レノンの「ビートルズのほうがキリストより人気がある」という発言が発端となり、アメリカの熱心なキリスト教信者を中心にビートルズ・ボイコット運動が起こった。全米ツアーでは、メンバーの命を狙う脅迫事件にまで発展。同年8月のサンフランシスコ公演を最後に、二度と観客の前に立つことはなかった。その後1970年に解散。メンバーはそれぞれソロ活動に移行した。

 

1980年、当時妻のオノヨーコと反戦平和運動に力を入れていたジョン・レノンは、ニューヨークの自宅前で射殺された。実行犯の男マーク・チャップマンは犯行の動機について「ジョンを殺すことで注目を集め有名になりたかった」と話していたという。

 

これぞ王道!The Beatlesの代表曲 〜番外編 筆者オススメの3曲〜

Across the Universe」(12thLet It Be」より)

www.youtube.com

 

Strawberry Forever」(サウンドトラック「Magical Mystery Tour」より)

www.youtube.com

 

Blackbird」(9thThe Beatles("The White Album")」より)

www.youtube.com

  

The Beatlesのアルバム

1stアルバム「Please Please Me」(1963年)

2ndアルバム「With The Beatles」(1963年)➡︎最初に聴くならコレ!

3rdアルバム「A Hard Day's Night」(1964年)

4thアルバム「Beatles For Sale」(1964年)

5thアルバム「Help!」(1965年)

6thアルバム「Rubber Soul」(1965年)

7thアルバム「Revolver」(1966年)

8thアルバム「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」(1967年)

9thアルバム「The Beatles("The White Album")」(1968年)

10thアルバム「Yellow Submarine」(1969年)

11thアルバム「Abby Road」(1969年)

12thアルバム「Let It Be」(1970年)

 

サウンドトラック「Magical Mystery Tour」(1967年)

ベストアルバム「1」(2000年)→入門編におすすめ!

THE BEATLES 1

THE BEATLES 1

 

 

The Beatlesファンに捧ぐ、おすすめアーティスト3選 〜番外編 2010年代のバンド3選〜

Beady Eye(ビーディ・アイ)

2009年に解散したOasisノエル・ギャラガー以外のメンバーで結成されたバンド。ビートルズのテイストに似た曲が多い。2011年にデビューアルバム発売。2枚のオリジナルアルバムを製作したのち、2014年に解散した。代表曲に「The Roller」(1stDifferent Gear, Still Speeding」より)などがある。

ディファレント・ギア、スティル・スピーディング(初回生産限定盤)(DVD付)

ディファレント・ギア、スティル・スピーディング(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

Temples(テンプルズ)

2012年に結成されたイギリス・ミッドランド出身のサイケデリック・ロックバンド。The Beatles中期を彷彿とさせる音楽性で注目を集めている。これまでに2枚のオリジナルアルバムなどを発表。元Oasisメンバーのノエル・ギャラガーも一目を置くバンドと言われている。代表曲に「Shelter Song」(1stSun Structures」より)。 

サン・ストラクチャーズ

サン・ストラクチャーズ

 

 

Django Django (ジャンゴ・ジャンゴ)

イギリスのアートロックバンド。これまでに2枚のアルバムをリリースしています。多重コーラスということも影響しているのか、どの作品も一度聞いたらなかなか忘れられません。代表曲に「Hail Bop(1stDjango Django」より)などがある。

ジャンゴ・ジャンゴ

ジャンゴ・ジャンゴ